“Anello”(アネッロ)Blog

anello2010.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏フェス!

夏も終盤の終盤戦。



そんな夏の〆にピッタリの“夏フェス”がこちら!



“HAKODATE 黒船 2011”




d0165136_12281819.jpg





昨年、私もBROTHERのSHIMUとして出演させていただいたBig Party!




今年は残念ながら様々な事情により出演できませんでしたが、ぶれない想いが込められたイベントに沢山の勉強をさせていただきました。




来年は絶対出てやる!




そんな“黒船2011”が今年は函館市緑の島にて開催!!




詳細は↓↓にて。


“HAKODATE 黒船 2011 公式サイト”




盛り上がること間違いなし。



今週はAnelloで“大人な夏フェスコーデ”をゲットしてぜひ黒船へ。
[PR]
by anello2010 | 2011-08-30 13:25 | Comments(0)

へネス&モーリッツ

スウェーデンに本社を置く“H&M”



d0165136_15415053.jpg




来年中にはいよいよというか今更というか・・・札幌に出店するらしく。



北海道新聞では売り場面積2千平方メートル前後の大型店を想定し、集客を見込める市中心部の“一等地”の選定を進めている。との事



さてどこだろう?



以前“ZARA”のあったPARCO新館?



やっぱりテッパンの札幌駅エリア?



意表をついて札幌駅-大通りの間なんてこともあるかも?



なんにしても札幌という街、話題性のある新規出店に対しての最初の勢いは特に半端じゃないのでスタートダッシュは凄まじそうです。



現段階でH&M、日本には12店舗。2012年に30店舗に増やすらしいです。今3店舗くらい工事中のはずだから・・・



2012年に一気に15店!日本市場の攻略。



すごいなー。




それでも余裕はこけません。



日本人、いや札幌人は飽きが早いんです。



H&MやFOREVER21が一世を風靡したのが2009~2010年。



確かにファッションの費用対効果に厳しい日本の消費者はH&Mによく合いますが。



それでもかなりの勢いで経済成長が鈍り、少子高齢化も進む日本。継続的に見て大丈夫なんでしょうかね?



売上はもちろん、低単価・話題性・スピード・バリエーション・・・様々な要素が業界の中でも最も勢いがあり、最も飽きられやすいのもファストファッション。



それでも消費者の関心を高める目的で、米歌手マドンナやファッションデザイナーのステラ・マッカーシーなど著名人と製品を共同開発したり、当店でも取り扱いのある“VIKTOR&ROLF”ともコラボ。



最近ではベッカムを迎え、新しい下着コレクションも展開。



やっぱすごい。



すこし苦言を呈すみたいな評論的なこと考えてたんですが、やっぱり心配ご無用ですね。



大丈夫です(笑)



次から次へと色々な手を打ってくるでしょう!



じゃあおとなしく楽しみに待つとします(笑)








そんなこんなで少し商品でも。



今回は入荷未アップのオススメパンツ達をどうぞ!!


d0165136_16394017.jpg


“MASONS” Cargo Pants ¥19,900

各所に独自のエイジングが施されたクオリティの高い製品、カーゴパンツに代表されるイタリアのカジュアルブランド。

まさに「アメリカをヨーロッパの感性で再構築する」一本。

d0165136_16395433.jpg


各所のディテールも秀逸。

d0165136_16401175.jpg


もちろんあえての“糸”ですよ!“意図”なんです。

d0165136_16402421.jpg


d0165136_16403732.jpg





d0165136_16405774.jpg


“MASONS” Cargo Pants ¥34,650

続いてもMASONS。

16POCKETPANTS。何を入れましょうか。

淡いパープルが目を引くCargo。伸縮性と光沢感のある素材がGood!


d0165136_1641257.jpg


d0165136_16414081.jpg


d0165136_16415613.jpg


嬉しいディテールが随所に。ここまで拘るとトップスは白Tや白SHなんかでも十分ですね。



d0165136_1642536.jpg


“MASONS” Cargo Pants ¥19,900

他のモデルにも言える事ですが、イタリア物なのに、アメカジの空気感がふんだんに盛り込まれる。

徹底した洗いや染めによるユーズド風味。新品か古着の境界線の様なメイソンズならではのエイジング製法が光ります。

d0165136_1643734.jpg


最近多い、少しダメージ入れれば売れます的なブランドとは全く違います。

d0165136_1643388.jpg


いや~素晴らしい!



d0165136_16435320.jpg


“MASONS” Linen Pants ¥18,900

涼しげで軽やかながらもリゾートライクな印象も与える通称“麻パン”

麻パンはかなりコーデの幅のあるアイテムかと。ロールアップにサンダル、ラフにカットソーやタンク+シャツなどの定番な着こなしはもちろん、ロールアップにレザースリッポンやドライビングシューズ。小花柄など総柄系のシャツに小物などでリゾートスタイルも可能。

ジャケットでミックス&マッチというのもオススメ!

d0165136_1644457.jpg


お色は3色。人気アイテムです。お早めに。



d0165136_16442474.jpg


“BRUNELLO CUCINELLI”Cargo Pants ¥89,000→¥47,900

ここでガラッと雰囲気を変えて、当店でもお馴染みの“BRUNELLO CUCINELLI”からも2型ご紹介。

さすがに大人の貫録。すべてにおいてのクォリティが高く、柔らかさ・着心地・デザインにおいてまで世界中で高く評価。

d0165136_16443782.jpg


d0165136_16444939.jpg


“BRUNELLO CUCINELLI”Cargo Pants ¥89,000→¥47,900

もちろんクチネリならではの履き心地、シルエットの良さは秀逸。

d0165136_18261259.jpg


こういった細かな気配りにセンスを感じます。


d0165136_16452664.jpg


“INCOTEX” Pants ¥18,900

パンツ専業のブランドとしてスタートしたINCOTEX(インコテックス)。

クオリティの高さは格別。そしてINCOTEX(インコテックス)におけるクオリティとは、下半身をスマートに見せる抜群のシルエット。

d0165136_16453694.jpg





d0165136_1710492.jpg


“HAVERSACK” Pants ¥23,000→¥15,750

昨年当店でも好評だったイチオシドメスティックブランド“HAVERSACK”

若干ですが追加入荷です。

ワイドなラインに対してのウエストまわりのタイトなシルエット。

d0165136_1711936.jpg


クラシックな雰囲気は上品な風格もプラス。






今回は珍しくパンツにスポットをあてたレコメンド。



ボトムがきまればトップスもきまる。



次回は2011・12AW一発目の入荷アイテムをアップ予定。


お楽しみに。
[PR]
by anello2010 | 2011-08-24 19:47 | Comments(0)

入荷アイテムと寿司。

夏真っ盛り。でも最近は雨づいてますね~。



それでも暑いです。蒸してます。8月に入ってすぐの頃は今年は寒いだのなんだの言ってましたが訂正です。



ありがとう太陽。これからもよろしく。もうひとふんばり。



実は若干夏バテ気味でして・・・最近はかなり“食”に気を付けています。




個人的に今年はとにかく豚肉おし。バテ・疲れにはとりあえず豚肉。豚肉のレモン和え・豚しゃぶ・豚レバニラ炒め・・・・・・



そして寿司。



酢も魚も疲れには良いらしく。



そこで気になったのがみんなの好きなネタ。



ニッカンスポーツのアンケートでは・・・

1位:中トロ 642票

2位:ウニ  390票

3位:赤身 302票

4位:アジ 286票

5位:アナゴ 281票



旬を無視すると個人的には・・・

ツブ。

d0165136_1803978.jpg


真だち軍艦。

d0165136_1804863.jpg


ウニ。

d0165136_1805685.jpg


秋刀魚。特に釧路のさんまは最高です。

d0165136_181565.jpg


煮蛤。

d0165136_1812942.jpg



そして回転寿司・なごやか亭の“タコサラダ軍艦”(笑)


画像がないのが残念。



大半が贅沢なネタですが“通”なわけでもなんでもなく、単純に魚介類が好きなだけでして。


この世代にしては珍しく、肉より魚介といったところです。










そして唐突にもこの流れで、先週新たに入荷した雑誌等でもお馴染み、L.Aの人気セレクトショップ『フレットシーガル』でも展開中のブランド“Z-BRAND”を紹介。


d0165136_16262491.jpg



『旅を共にする服には、その汚れや繕いなど全ての痕跡が旅で出会った人々を思い出させ、色々なものを吸収したことを物語ってくれる。』
カジュアル嗜好の幅広い層をターゲットとし、『モダーンノマド(MODEN NOMAD)現代を生きる遊牧民』をコンセプトに旅を切り口としたスタイルを提案。理想的にフィットするように設計された『第二の肌』のように感じられ、加工や着心地などにも誰にも真似できない独創性があり、一つ一つのモノづくりに対する強いこだわりが特徴。





今回はカジュアルアイテムにスポットをあててご紹介。



d0165136_1873516.jpg


“Z-BRAND”Shirts¥18,900

独特なコットン素材に細かなディテールが各所に散りばめられた逸品。

いつの季節にもしっくりとくる風合いのフリルシャツ。

d0165136_1875394.jpg


d0165136_189226.jpg


“Z-BRAND”Shirts¥18,900

色違い。

d0165136_1891864.jpg


様々な生地を織り交ぜたディテールの細さは加工を得意とするZ-BRANDならでは。

d0165136_1893856.jpg


“Z-BRAND”Shirts¥17,850

SILKが織り交ぜられた肌触り豊かなコットン地は、加工によりフンワリとした雰囲気に溶け込むような総柄がプリント。

両脇のマチ部分にも当て生地が施され、ブランド特有の芸の細さがチラリ。

d0165136_1810393.jpg


生地の質感を存分に理解して行われるざっくりとした切り口は、全体の柔らかさにアクセントを。

d0165136_18142788.jpg


“Z-BRAND”Shirts¥19,950

幅の異なるストライプは凹凸を持たせた独特な生地により、スラブ感を兼ね備える。

随所のハンドステッチや袖裏に当てられた別生地など、細かなディテールがふんだんに詰まった一着。

d0165136_18144917.jpg


前立ての裏に見えるテープも、トップボタンを開けた時のアクセントに。

全体に施された抜染プリントは、素材の色を殺さず、生地の風合いを生かしている。


d0165136_18161479.jpg


“Z-BRAND” polo Shirts ¥15,540

鹿の子素材のボーダーに刺繍、プリントを施したベーシックな一着ながら・・・

d0165136_18163913.jpg


存在感がありつつも、主張し過ぎないナンバリングにそのセンスを感じさせます。

d0165136_18474584.jpg


“Z-BRAND”T-Shirts¥8,400~

ユーモアを感じさせるプリントT-shシリーズ

Z-BRANDのプリントグラフィックは世界的にも高い評価を得、その素材使いも毎シーズン注目されている。

d0165136_1848426.jpg


“Z-BRAND”Cargo Pants¥19,740

Z-BRANDと言えばカーゴパンツ。

旅をコンセプトにしているブランドならではの要素が盛りだくさん。

素材、機能性、シルエット・・・どこをとっても値段以上の満足感を得られること間違いなしです。

d0165136_18481866.jpg


アイテムによってはノベルティー感覚でノベルティーレベルではないベルトが付いてくるのも嬉しいポイント。

d0165136_12504941.jpg


“SAVES THE DAY” cut sew ¥7,980

上質なデイリーウェアを提案するドメスティックブランド、SAVES THE DAYよりピュアオーガニックコットンを使用したベーシックなカットソー。

縫製には着心地と着用時の雰囲気をよくするフラットシーム縫製で背面とアームホールを作成。

d0165136_1251510.jpg


原料の製造から、製品の加工まで化学薬品などの環境汚染物質を使用せずに生産されたオーガニックコットン天竺を使用することで、独特の柔らかな肌さわりを実現。

漂泊を行わないため、綿カスを含んだネップ感のあるナチュラルな色味をもった生地に。

d0165136_12511743.jpg


“SAVES THE DAY” cut sew ¥7,980

しっかりとした生地感の度詰め天竺生地を使用したベーシックなボーダーカットソー。

T-SHやジャケットなどをレイヤードしたときのベストなバランスを考え、程良くタイトで長めの着丈を採用。

上質でベーシックなデイリーウェア。入荷後またたく間に完売。今後Anelloでもお馴染みになりそうです。


d0165136_12514284.jpg


“MASONS” polo Shirts ¥11,340

当店でもカーゴパンツで大人気のMASONS。、独自のエイジングが施されたクオリティの高い製品、カーゴパンツに代表されるイタリアのカジュアルブランド。

「アメリカをヨーロッパの感性で再構築する」を掲げて、ミリタリーウエアにイタリアの感性を取り入れたコレクションが特徴。

d0165136_12515461.jpg


楽観主義と快楽主義をテーマにして、花柄やプリティーレディーのモチーフも多く見られ絶妙なアクセントに。

d0165136_1253179.jpg


“THE GREAT CHINA WALL 中国長城” Denim Shirts ¥49,000

今回やっと入荷できた目玉の一つ。

世界中のセレブも愛用する“THE GREAT CHINA WALL 中国長城” (ザ・グレートチャイナウォール)。

今回もWranglerのヴィンテージデニムシャツにオールハンドメイドの豪華絢爛で独創的な世界観と、ハイクオリティなディテールを見事に両立。

d0165136_1253173.jpg


1950年代~1960年のヴィンテージアイテムにデコラティブな刺繍やスタッズ、ラインストーンの装飾などで世界にひとつだけのウェアやジーンズを生み出す本格カスタマイズブランド。

d0165136_12533556.jpg


このリメイクっぷり、ヨダレが出ます。着るとハイに。

d0165136_1254629.jpg







冒頭でも触れた寿司の話題。



実は、相方間山の実家も寿司・定食屋さんなんですよ!



とにかく美味いんですよ!!お寿司はもちろん個人的にはカレーがイチオシ!



12号線ドライブの際はぜひお立ち寄りくださいね♫



店名:吉野鮨

住所:北海道空知郡奈井江町奈井江本町二区

電話:0125-65-2703






Anello、まだまだ紹介しきれていない入荷アイテムも多数ございます。


Blogでも紹介はしていきますがぜひ、店頭まで遊びにいらしてくださいね。


それでは。
[PR]
by anello2010 | 2011-08-15 15:33 | Comments(0)

製作の深さ。


先日もお伝えしましたが“製作ラッシュ”です。



特にオーダージュエリーがMAXです。現在お渡しまで2ヶ月半~3ヶ月を頂戴している状態。



なるべく早くお渡しできる様、全力で取り組んでいますのでなんとかご了承ください。



ただ、8月中旬にはかなりの作品達が完成するので、お渡しも通常通り1ヶ月くらいに縮まってくるのではないかと。







それにしてもオーダー製作。一つのアイテムを、お客様とクリエイター、そしてAnelloと打合せを重ね世界にひとつの作品が形となる。



素晴らしいことです。



なかなかデザインが決まらない事もあればとんとん拍子で製作が進んでいく方も。



それでもあーでもないこーでもないと話をしながら、お客様とコミュニケーションを深めていく事の出来る時間はAnelloにとっても本当に大切にしたい時間。



不思議な絆が生まれます(笑)



今回はいつもお世話になっているお客様のご厚意によりオーダーネックレスとオーダーピアスの製作過程をどーんと大公開!



なんとなくimageを掴んでいただけるかもしれません。



Hatchの代表橋場氏のアトリエに何度もお邪魔し密着させていただいたのでぜひご覧くださいね♫








まずは、お客様とアイディアを出し合いデザイン画やワックス原型が徐々に。ワックスとは以前もお伝えした通り、ろうそくのロウのような素材を立体に起こすことで、より具体的にイメージが湧きます。


d0165136_13433924.jpg





ワックスが鋳造からあがってきた状態。


d0165136_1348995.jpg





湯道を削り、キレイに。

ちなみに湯道とはワックスを石膏で固めて、焼成した後に溶かした地金を流す道の事。


d0165136_13493231.jpg





チェーンとペンダントトップをつなぐ丸カンのロウづけ作業中。

d0165136_13524764.jpg





今回のチェーン。かなり凝ったポイントでもあるのですが、ひし形のと丸形のチェーンを一つ一つ丁寧にロウづけしていくハンドメイドならではの作業。

素人目で見てもかなり細かい作業。橋場氏超真剣でした。


d0165136_1354922.jpg




右側にある容器の中にはいぶし液で本体を真っ黒に。写真でも黒くなっているのがわかると思いますが、磨いたり黒くしたり磨いたり・・・。ジュエリー製作って本当・・・

いぶしをつけ、見える部分を削り磨くことで陰影ができ、ぐんと雰囲気が増します。


d0165136_13565483.jpg





ミルと言われるアイスピックにしかみえない道具で石留め作業中。こんかいはワンポイントでブラウンダイヤを使用。


d0165136_1413528.jpg





最後はバフ室にうつりましてバフモーターにて最終仕上げ。右側のローラーに研磨剤をつけいよいよ完成へ。


d0165136_1431090.jpg





そして完成した作品がこちら。素晴らしい!なかなか個性的で存在感のあるアイテムに。

諸事情により、何をimageしたかはご来店いただいたお客様だけにお教え致しますね(笑)


d0165136_1451125.jpg








そしてお次はピアス。


実は以前Anello×Hatchで製作したピアスをお買い上げいただいてまして。


d0165136_14143876.jpg






ありがたいことに、大変気に入っていただけまして・・・

今回はプラチナ&ダイヤでアレンジを加えて製作。

ポスト(針)をロウづけ。ピアスとなるとさらに繊細な作業が・・・。


d0165136_14131418.jpg





石留めするためにヒートフォームといわれる粘土のような素材にピアスを置き安定させてからの作業。

このヒートフォームという物体、お湯につけるとドロっと柔らかく、水につけると固まるというスグレモノ。


d0165136_14191679.jpg




ダイヤも特に上質なものを使用。上質なダイヤは透明度が高く、インクルージョン(内包物)が極端に少ないのでとにかくキレイ!

ダイヤをミル留めという技法で留め、ヘラを使って細かい傷をつぶし、最後はバフを使って最終仕上げです。

d0165136_1420644.jpg




そして完成!


高級感溢れるという表現はあまりにも陳腐ですが、とにかく品質の優れた磨き抜かれた逸品ができました。

橋場氏曰く、プラチナのピアスとしては珍しいデザインでクリエイターとしても大変作りがいのある作品ができましたとの事。


d0165136_14234051.jpg







オーダーしていただくということ。お客様と我々との信頼関係も大事です。



本当にありがたいです。ありがとうございます。



“話・言葉”でしか無かったものが“形”になる。そして“繋がり”となる。



凄いことで素晴らしいことです。



どんな芸術家もどんなデザイナーもはじめは素人。



これからも唯一無二の“モノ”をさらに発信できるよう勉強です。
[PR]
by anello2010 | 2011-08-02 19:18 | Comments(0)

ヨーロッパのハイブランドを中心にドメスティック、クリエイターアイテムまで、型にとらわれない幅広いラインナップが魅力のセレクトショップ“Anello”(アネッロ) HP↓↓↓http://www.anello-web.com/


by anello2010
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite