“Anello”(アネッロ)Blog

anello2010.exblog.jp ブログトップ

ベルトレス

本日も店内では仮縫いの真っ最中。





今月はオーダー関連のフェアも開催予定なので、ブログでもオーダーに関して多めにお伝えしたいなと思います。





d0165136_18480217.jpg




d0165136_18381234.jpg




今回3Pで普段と大きく違うことがひとつ。







パンツのウエスト周りをご覧いただければわかると思うのですが、ウエストバンドをやや高めに、そしてなんといってもベルトレスなんですね。







仮生地なのでわかりにくいかもしれませんが。





d0165136_18381146.jpg
d0165136_18381265.jpg



サスペンダーはつけているものの、ベルトループすらもない完全なベルトレスデザインに。






当店のオーダーとしては初の仕様ですが、ここ数年のPITTI UOMO の会場スナップでもノーベルトやベルトレスが非常に際立つ傾向に。





d0165136_18382359.jpg
d0165136_18390623.jpg
d0165136_18242847.jpg
d0165136_18243549.jpg






しかしPITTIのスナップっていつみてもいいもんです。






ガラが良いんだか悪いんだかわからない感じが(笑)







d0165136_18420403.jpg
d0165136_18395064.jpg
d0165136_18394172.jpg
d0165136_18391217.jpg
d0165136_18414390.jpg



それは今度語るとして。






話戻りまして、本当に数えきれないくらい多くの方々がここ数年ノーベルトかベルトレスを採用したり仕立てていたりするんですよね。







時代が巡るのはすでに周知ですが、70年代に流行ったサルトリアスーツのパンツのようなクラシカルな雰囲気をもつものが、多少アレンジされ現代のファッションに非常に影響を与えています。






ちなみにサルトリアとはイタリア語で仕立て屋・テーラリング技術のことを意味していて、伝統的なお仕立ての技術を使って仕立てたスーツをサルトリアスーツと呼んだりします。






今の雰囲気で言うとタッグパンツやワイドパンツなんかにTシャツやシャツをインして旬な感じを出すスタイルも根源はここ。






逆に今は時代に合わせてベルトをつけてのインもよく見ますよね。






インスタイルはベルトレスの方が案外カッコ良かったりもするのでぜひ一度試してみてくださいね。






こだわりの強いオーダーだったので書き留めてみました。







d0165136_19221585.jpg






本日は遅くなってしまいましたが、明日も皆様のご来店心よりお待ちしております。






[PR]
by anello2010 | 2018-02-02 19:31 | Comments(0)

ヨーロッパのハイブランドを中心にドメスティック、クリエイターアイテムまで、型にとらわれない幅広いラインナップが魅力のセレクトショップ“Anello”(アネッロ) HP↓↓↓http://www.anello-web.com/


by anello2010
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite