“Anello”(アネッロ)Blog

anello2010.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本日はBoderless!

この寒くなってきた時期にcheckするのは2013春夏のコレクションデータ達。





季節感ぐちゃぐちゃ。





国内国外問わず、時間があれば見るものなんですが。





数あるドメスティックブランドでお気に入りは、今回もやはり“TALKING ABOUT THE ABSTRACTION”(トーキングアバウト ジ アブストラクション)a.k.a “TATA”でした。





今年のはじめにもBlogで紹介しましたが、やはり来季もカッコ良い・・・






d0165136_15572081.jpg


d0165136_15573395.jpg


d0165136_15575117.jpg


d0165136_1558317.jpg




レーベルの代名詞とも言える、転写デニムのシリーズがさらにクォリティアップ。





デニムじゃないんですよ!





あえてわかりやすく転写したり、徹底的にばれないように転写したり。





自分の友人が経営するSHOPで取扱いございますのでお気軽にお問い合わせくださいね。







そして最近、H&Mとのコラボなど、なにかとファッション業界を賑わしている“Maison Martin Margiela”(メゾンマルタンマルジェラ)




d0165136_1782370.jpg


d0165136_17833100.jpg


d0165136_1784217.jpg


d0165136_1785457.jpg


d0165136_179235.jpg





やっぱ好きです。




このブランド。









さてさて、当店では久しぶりに-Boderless-からのご紹介。






シンプルなコンセプトながらAnelloのもうひとつの楽しみ方を演出している-Boderless serect-






“先入観と垣根のない、本質を見定めたセレクトを”





ご存知の通り、かなりハイプライスなアイテムが多く占める当店ですが、それだけではございません。






ご来店いただいた方々はご存知だと思いますが、店舗にはBoderless Room的なこのような空間がありまして。





お財布にやさしいロープライスかつ、かといって決して手を抜かず、むしろこだり抜いた逸品達がずらりと並ぶ空間。




d0165136_17182294.jpg





この空間にはそんな“Boderless select”なアイテムがズラリしてるわけです。








では早速。






d0165136_1339547.jpg


“SAVES THE DAY”  FOOTBALL TEE  ¥6,930

前作も大ヒットした“STD”のFOOTBALL TEE シリーズ。


ライフスタイルを考察したこのレーベルらしく、あえてナンバリングは配さず、シンプルでマルチ性の高い仕上がりに。

日焼け感が効いた、前作のヴィンテージライクな表情と真逆のベクトル。軽快なカラーリングがGood.

前作よりも生産工程が省かれた分、優しめな価格設定に。


d0165136_13395588.jpg




d0165136_13395665.jpg


“SAVES THE DAY”  FOOTBALL TEE  ¥6,930

こちらは色違い。

d0165136_13395817.jpg





d0165136_1340057.jpg


“SAVES THE DAY”  FOOTBALL TEE  ¥7,980

そして先ほどから繰り返し言っている前作がこちら。追加入荷です。

ヴィンテージ感漂う “日焼け感” をパウダー加工にて上手く表現。フットボールTeeがモチーフとなっていますが、

素材感、シルエット、色味に拘って制作されたSTDらしい一着。

d0165136_1340222.jpg







d0165136_1340967.jpg


“SAVES THE DAY ” Cardigan ¥14,490

そして人気のこちらも追加入荷。

やや細めのピッチ幅でシャープな印象のボーダーカーデ。杢調の生地感が深みを持った表情を演出する一着。

縦長のシルエットが特徴となるそのカタチは、合わせるアイテムを選ばないマルチな仕様に。

d0165136_13401133.jpg





d0165136_13401397.jpg


Knit cardigan ¥13,650

適度なテンションで編み込まれたショールカラーカーデは着心地もよくコーデもしやすいスグレモノ。

タイトにしすぎず適度なラフ感を出してスタイルするのがオススメ。

d0165136_13401537.jpg


ボリュームのあるカラーもポイントの1つに。

d0165136_13401682.jpg


Knit cardigan ¥13,650

お色違い。

d0165136_1340183.jpg





d0165136_13402486.jpg


Aran Knit vest ¥13,650

アランニット特有の凹凸のはっきりした地厚な編地で作られたニットベスト。

アランニットとは、アイルランド西岸のアラン諸島で、漁師たちの間に古くから口伝されてきた防寒用の手編みのセーターのこと。


d0165136_13402625.jpg


少し襟高なシルエットはインナーを選ばず大変重宝します。

d0165136_13402897.jpg


アランニットは漁網やロープ、浮き、かご、鰊(にしん)の骨、カモメなど、海辺で暮らす漁師たちの生活にモチーフを得た浮き彫り風の「アラン模様」が特徴なんです。





本日はここまで。




アウター・マフラー・ストール類も入荷しておりますのでこちらも近日アップ。





少しペースを早めて冬の足音が聞こえてきます。





冬支度はお早めに。
[PR]
by anello2010 | 2012-10-26 19:20 | Comments(0)

入荷ペースがびちびちきてます

なんだかぐんと気温が低くなってまいりました。






ストーブつけてますか?






自分はまだ粘ってますがそろそろ押せば暖かくなる魔法のスイッチを押してしまいそうです。






10月ももはや、1週間切り。






月の終わりになるといつも反省が残ってしまう事ばかり。





嫌になったりもします。





わかります?(笑)






実は最近は毎週のように30-50ピース位の入荷がありまして。






通常のインポートアイテムからBoderlessにジュエリー。






順をおってご紹介していかないと正直たまってます。。






まずは“LANVIN”のコットンニットジャケット。



d0165136_17135893.jpg


“LANVIN” Knit Jaket ¥139,000

やはり今年も流行の手をゆるめないローゲージニット。もはやこの時期には完全に“MUST BUY”なアイテム。

ハイゲージニットにはジャケットという定番スタイルがあるならば、ローゲージはいちまい羽織はもちろん、北国ならではのアウターダウンをスタイルしたり。


d0165136_17141167.jpg


形はダブルのジャケットなんですが、フロントを閉めずにシングルジャケットやカーディガンの様に若干脱力感を匂わして着こなすのも◎。



d0165136_1714128.jpg


“LANVIN” Knit ¥139,000

こちらは色違い。

インナーでもかなり遊べそうです。

d0165136_1714222.jpg






d0165136_1714811.jpg


“SONRISA” Shirts ¥29,000→¥19,900

個人的にかなりイチオシのcotton×LANAの起毛シャツ。

着やすさ扱いやすさはもちろんスタイルの幅がありコーデしやすいのも魅力。

後はなんといっても大事な季節感。起毛素材のそれは着るだけでカラーパンツやショッキングカラーなどと合わせても秋冬感漂うものに。


d0165136_17141228.jpg


ボタンをすべて留め、ネクタイや蝶ネクタイなどのスタイルにベストなんかも合えば・・・


d0165136_17141486.jpg


すべて開けっ放しにしてラフに羽織りシャツジャケットやシャツカーデの様に着るもよし。





d0165136_17141593.jpg


“SONRISA” parka ¥33,000→¥24,000

パーカー?シャツ? 両方のディテールが1つに。かなりおもしろいアイテムに思わず一目ぼれ。

タイトなボトムと合わせて長めのストールなんかをたらすのもオススメ。



d0165136_17141783.jpg


フードと襟の同居感もなかなか新鮮で良いですよね(笑)


d0165136_17141911.jpg


もちろん袖もこの仕様。

ロールアップというよりは袖ごとあげるように手首を見せると色気がでます。



d0165136_1714206.jpg


“HYDROGEN” Shirts ¥39,000→¥29,000

来月もウールパンツなどの追加入荷を予定しているHYDROGENですが1マークのみ今週入荷に。


d0165136_17142592.jpg


シンプルなリネン混のシャツなんですがこんな配慮がHYDROGENらしくて好きです。

さきほどのローゲージアイテムなんかにも相性は抜群。



d0165136_17142846.jpg


“RUFFO” Leather Blouson ¥250,000→¥147,000

当店初お目見えのレザーブランドの“RUFFO”(ルッフォ)

実は私も今まで勉強不足で知らなかったのですが、Pradaやドルチェ&ガッバーナ、ヴェルサーチなどイタリアの有名ブランドに高品質なレザーを供給していたらしく。

本国ではかなり名高いブランドの一つ。

こちらのレザーブルゾンも羽織ると大人の色気ムンムンです。

d0165136_17143137.jpg


こまかなディテールはさすがレザーブランド。まさにぬかりのないカッコ良さととにかく自然になったかのような品高いエイジングが絶妙です。






正直ちょっとアップが間に合いそうにありません。





というか、今まで間に合ったこともないんですが(笑)






-Boderless-もかなり入荷しているので次回はそちらもアップします。






明日アップ目標です。












いや・・・目標じゃなくやりますですね(笑)
[PR]
by anello2010 | 2012-10-25 19:27 | Comments(0)

服着れますか?

最近、おもしろくも怖い記事が。





英国の科学者たちが予想した「1000年後の人類」。





興味深くなんともいえない気持ちになりましたが、こんな感じです。





①栄養と医学の改善で、1000年後の人類は平均身長が182〜213cmになっている



②世界中どこへ行くにもさらに便利になるため、異人種間の結婚が増え、皮膚の色は全体的に浅黒くなる。



③手足はテナガザルのようにぐんと伸びる。



④iPhoneなどタッチパネル式の電子機器を多用することにより、手と目の機能が飛躍的に発達。指先の感覚も
さらに敏感に。



⑤エアコンの普及により、気候の影響を受けなくなるため、世界中で人々の鼻の高さや形が同じようになる。



⑥軟らかい食べ物ばかり食べるようになるため、歯が少なくなり、口が小さくなる。



⑦携帯メールでの会話が増えるため、口数が減り、目は常に携帯画面を見つめているため、SF映画に出てくる
宇宙人のように巨大化する。



⑧コンピューターの進化により、記憶や思考といった作業の大半をコンピューターに頼るようになるため、大脳が縮小、頭も小さくなる。



⑨脂肪や糖分を吸収しにくくするため、腸も短くなる。その為未来の人類が肥満で悩む事はなくなる。








便利すぎる世の中の流れ。1000年後はかなりまずそうです。






こんな感じなんでしょうか?



d0165136_1555192.jpg



d0165136_15564757.jpg







このままいくと、自分の未来の家族たちは化け物です。でもそれさえも普通になってしまうんでしょうね~





でもこんな体型だと服はどうなってしまうんでしょうか??





もう十分に便利な世の中、進化の手を止めないからこそ人間はここまで繁栄したんでしょうがそろそろスローペースにならないですかね(笑)




いくらなんでも進歩が早すぎます。





新しく何かが開発されて世の中に出て順応するころには次のものが続々と。





昔のように携帯電話の着信音が、単音から3和音になっただけで話題になった時代は終わりました。





服が必要ない世界にはなりませんように。










明日、商品納品予定日♫





ウキウキしております。
[PR]
by anello2010 | 2012-10-15 16:20 | Comments(0)

服と音楽

当店のオリジナルブランドである“Fenomeno”(フェノメノ) 





d0165136_1995951.jpg







我々にとって、Anelloにとって、本当に大きな試みであり、大きな夢であるプロジェクト。





7/14にstartして以来、本当に多くのお客様にお求めいただき感謝してもしきれません。






このプロジェクトにはいくつかのテーマが設けられています。





それは私にも相方間山にも、そしてもちろん2人にも。





自分は掲げたテーマの一つに、“Anelloが発信する服と音楽の融合”というものがあります。





これは自分が札幌を中心にSingerとしても活動する環境はもちろん、ファッションと音楽、切っても切り離せない非常な密接な関係のジャンルをAnelloというフィルターを通して繋げたい。





簡単に言ってしまえば、自分を占める大きな要素である服と音楽をもっと近い存在に“し合いたい”ってだけなんですが。





とまぁ、そんなテーマの1つも掲げ、7月にstartして以来、音楽の部分でも本当に多岐に渡りリンクすることができています。




札幌で活躍するアーティストもかなりの方が着てくれていますし、道外の日本を代表するようなアーティストの方々にも実は着ていただいております。






さらにはeventにブース出店させていただいたりなど。





そしてアップしようと思いながら忘れてしまっていた最高のSMILE&PEACE達も!!




d0165136_1802063.jpg







こちらは札幌のDancestudio MOTHERSHIP STUDIOの8th Anniversaryの一幕。





10~24歳のみなさんがFenomenoTeeをstage衣装に出演!!





ご理解、ご協力いただいた父母の皆様、インストラクターの皆様、本当にありがとうございました!!





SMILE IS BESTとPEACE IS BESTのTeeだったので笑顔いっぱい平和に溢れるFACEをお願いしたんですがみんなふざけて結局変顔に(笑)





それでもそれが結果的にSMILEでPEACEに♫



d0165136_180638.jpg


d0165136_1801879.jpg


d0165136_180218.jpg


d0165136_1801460.jpg


d0165136_17595962.jpg


d0165136_1801190.jpg


d0165136_17595549.jpg


d0165136_180772.jpg


d0165136_17595111.jpg


d0165136_180389.jpg


d0165136_17594848.jpg


d0165136_17595918.jpg


d0165136_17594441.jpg


d0165136_17595620.jpg


d0165136_17594130.jpg








最高です。






この素敵な繋がりが、ゆっくりゆっくり、年齢も性別も国籍もジャンルも超えた繋がりになりますように。





今後もAnelloを宜しくお願い致します。





さらに本日はMONCLER・mauro grifoni・PEUTEREYが入荷予定♫





こちらもお楽しみに♫








“Fenomeno”(フェノメノ)


2012春夏  Start. Two sides of the same coin (コインの両面=表裏一体)
相反する2つのものが根本は1つであるように、2つのものの関係が密接で決して切り離せないように、視覚だけでは判断しきれない人間の持つ様々な感覚に働きかけ、身につける事で今までの自分にはない、自分の存在が変わるようなモノづくりがテーマ。
こだわりのハンドメイドが唯一無二の存在を創り出す“Fenomeno Jewelry”も展開。



☆Anello HP☆
[PR]
by anello2010 | 2012-10-09 17:03 | Comments(0)

“MONCLER”モンクレールというブランド。

毎年、この時期から春先まで当店のリクエスト数でダントツのトップをひた走る“MONCLER”モンクレール。





入荷とほぼ同タイミングでになくなってしまう事が多いため、今年からはなるべく入荷したタイミングでアップし、すぐにお店に来られない方にも見ていただけるようにと思っております。




そして早速入荷です。





今回は先日もお伝えしたMONCLER“GUI”から新作の紹介。





d0165136_1521826.jpg


“MONCLER” ¥57,000


今年は完全に人気に火がついている“GUI”



各方面で著名人が着用したりと話題に事欠かないMONCLERですがGUIはまさに代表格。



当店では人気の3色。


d0165136_1521949.jpg


d0165136_1522140.jpg


d0165136_1522229.jpg



とにかくシンプルなキルティングボディにモンクレールディテールが。


ダウンを使用するMONCLERのラインとしては極端に薄手に作られたベストは着こなし無限。


あって絶対に損はしない万能アイテム。この機会にぜひ。







ベストはみんな着てるから・・・なんて方はこちらはいかがでしょう?



d0165136_1522540.jpg


“MONCLER” URVILLE ¥58,000

鮮やかな発色とブルゾンらしからぬディテールが盛りだくさんのナイロンブルゾン。


d0165136_1522649.jpg


フード廻りと前立てジップ部分のトリコロールテープがモンクレールらしく、ファンにとっては嬉しいポイント。


d0165136_1522858.jpg


定番の刻印ジップもキラリ。


d0165136_1523297.jpg


フード裏地の別布コットンが着心地と防寒性を飛躍的にアップ。肌触り抜群。





実はこのURVILLE。右後ろのポケットから裏返せば携帯に便利な小さなバッグにもなる機能的なブルゾンです。



ご来店の際にお見せしますね(笑)









さて、毎年口々に『やっぱMONCLER良いよな~』なんて会話が交わされる季節。




さらにMONCLERの事をわかっていただく為、そして自慢していただけるように只今よりMONCLERをわかりやすくご紹介。




1分でわかるAnello MONCLER講座!




テストに出る部分は大文字にしてありますので。






-MONCLER-


モンクレールはレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンが1952年、フランス郊外のモネステ・ド・クレァモン(Monestier de Clermont)にて設立したブランド。



ブランド名はもちろんこの「モネステ・ド・クレァモン:Monestier de Clermont」の文字を組み合わせた造語。



最近ではご存知の方も多くなってきましたが、もともとはテントやシェラフ、ウェアといった登山家のための装備を手掛ける企業だったMONCLER。



ダウンウェアの原型は、なんと工場で働くスタッフの防寒用に作製した、手足を出せるシェラフから!!



ここが服の歴史らしくて好きです(笑)



ではどうしてそんな企業がブランドとして大きな成長を遂げたのか??



それは・・・



フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功した世界的アルピニスト(登山家)のリオネル・テレイをアドバイザーに向かえ、登山家によりよいダウンウェアを作るための製品改良に着手したことに始まります。



アルピニストにとっては最高峰の登山の成功、生死に関わる問題として、しっかりと動け、保温力に優れた装備は必要不可欠なもので、こうした登山家のニーズに答えるべく製品の改良をとにかく繰り返したと言います。



その結果MONCLERの製品を54年にイタリアのカラコラム登頂隊、64年にはアラスカ遠征隊に提供しモンクレールはブランドとしての信頼を勝ち得たと言うわけです。



さらに1960年代前半には登山用ダウンウェアで培ったノウハウを応用し、スキーウェアにも進出。



スキーウェア製品としても広く認知された結果、1968年のグルノーブルオリンピックでは、なんとフランスナショナルチームの公式ウェアにモンクレールのウェアが選ばれるんです!



そしていよいよ!!



1980年代、セレクトショップなどでモンクレールのダウンジャケットが置かれるように!



待ってました!!このやろー



他を圧倒すらするその保温性と高品質なダウンジャケットは徐々にファッションアイテムとしての人気を博してゆく。



当たり前といえば当たり前ですよね。



この頃、特に人気となったのがイタリアで、現在でもモンクレールの売上の約半分はイタリアでの売上によるもの。



日本で認知されはじめたのは90年代後半からで、この頃MONCLERはファッション性のある、高級志向的なものに変えるブランドとしての改革が始まった真っ最中。



バレンシアガやジュンヤワタナベなどのブランドともコラボ展開し話題に。



補足ですがダウンブランドとして有名なもう一つのブランドといえば“DUVETICA”(デュベティカ)があげられますが、実はモンクレールでデザインをし、社長として活躍したジャンピエロ・バリアーノが独立し立ち上げたブランド。



今ではMONCLERと比較されるまでに。



その後もモンクレールの最高級ラインでもあるガム ルージュやトム ブラウンを迎えたラインGamme Bleu(ガム ブルー)を発表したり、日本人デザイナーとも新ラインをstartさせたりとかなり精力的に展開。



現在では高品質に加えファッション性の強いブランド展開をしており、プレミアムダウンウェアとしての地位を確立。




ヨーロッパのみならず全世界でファンを掴むブランドとなっている。




というわけです。




本日の授業はここまで。





今月はMONCLERダウンの入荷もあります。



なるべく早めに!アップ致しますのでお楽しみに☆
[PR]
by anello2010 | 2012-10-05 17:02 | Comments(1)

ヨーロッパのハイブランドを中心にドメスティック、クリエイターアイテムまで、型にとらわれない幅広いラインナップが魅力のセレクトショップ“Anello”(アネッロ) HP↓↓↓http://www.anello-web.com/


by anello2010
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite