“Anello”(アネッロ)Blog

anello2010.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

着々と

当店には札幌市内で行われるイベントのフライヤーや、各SHOPのショップカードなんかを置いてある場所がありまして。






d0165136_1537177.jpg







以前もお伝えしたとおり私はsingerもやっていて、服と音楽という、ある文化の中では切っても切れない2つの融合がひとつの夢でもあります。





そして先日の8/24、自分たちが主催をしている“札幌R&B祭-SRBF-”にてフードやドリンク、アーティストの物販ブースに混じり、当店ではFenomenoブースを出店。





さらに出演者は全員FenomenoTeeを着てくれて。





ありがたい限りでした。





そして来場いただいた約250名の皆様にもしっかりと“Fenomeno”をアピールさせていただき、さらにお買い上げまでしていただくという光栄っぷり。





この場を借りてお礼申し上げます。





ありがとうございます!





本当に支えられてます。





わざわざお店まで足を運びお買い求めいただける方も、HPやBlogをご覧いただいてお求めいただける方も
、イベントでお買い上げいただいた方にも、昔からの繋がりの人間も、本当に皆様に感謝しております。





Fenomenoをstartして良かった!!と心から思っております。





第2段の企画もいくつかあがってきています。





どれが形になるかはわかりませんが真剣に取り組むだけです。






ぜひ、お楽しみに。






さて、当店では入荷に活気がついてきました。





それも今回は“大人なAnello”をテーマに。





まずはまさに今、なにかとファッション業界を騒がしているGIVENCHY(ジバンシィ)からシャツを2点。





d0165136_15362840.jpg


“GIVENCHY”Shirts ¥40,000→¥36,000

まさにこんなドレスシャツまってましたな2012AWの一着。白なのにあくまでさりげなく他のシャツとはひと味もふた味も違う。


常に新しいとこがさすが。


d0165136_15363092.jpg



d0165136_15363232.jpg



過去にも若手だったジョンガリアーノやアレキサンダーマックイーン、ジュリアンマクドナルドなど積極的に若手をデザイナーとして起用するところあたりがGIVENCHYが常に新しい所以ではないかと。


特に10年くらい前でしょうか?


マックイーンがオートクチュールとプレタポルテの主任デザイナーに就任したころは低迷感のあったGIVENCHYを、再び隆盛期へと導いたのも記憶に新しく。


今になって当時のコレクションを見ると良ーくわかりますが、この頃のGIVENCHYは完全にAlexander McQUEENそのものの様なアイテムもズラリです(笑)


でもすごい。


そしてもう一着。




d0165136_15363454.jpg


“GIVENCHY”Shirts ¥44,000→¥39,000

前立てに上品にプリーツ加工が施され、ジャケット着用時のVゾーンもより一層ポイントをもたせることのできるドレスシャツ。


タキシードでバシッと決めるも意外な合せで着崩すも自在です。

d0165136_15363586.jpg



d0165136_1536382.jpg


こちら“TOM FORD”のstoleを合わせて。大人に。

¥47,000→¥34,000


d0165136_15364098.jpg








そして当店初selectご存知“TODS”



実は先日同ブランドの代名詞でもあるモカシンも2足程仕入れたのですが即日完売。



今回は売れ残ったら絶対に買おうと決めているSilkScarfシルクスカーフを2型。



-TODS-

1979年、底に133個のゴム突起を付けた1枚革のモカシンを売り出す。これは非常に軽快でフィット感のあるもので、ヨーロッパを中心に支持を集める。これがブランド「トッズ」としてのスタートとなる。

トッズの靴の特徴は多くの工程を経て生産され、多いものでそれは120の工程を要する。品質のチェック、サンプルを実際履いてもらい、それが履き心地の良いものかなど、チェックを繰り返す。トッズグループの成功の要因の一つに、手作りの職人的な手法をキープしつつ、より効率的に生産ラインを組み立てたことが上げられる。

靴、バッグともに、基本的にトッズのコレクションは正統派で、機能性とそれを失わないレベルのモダンなデザインが特徴。








はい。



ちなみに今から15年ほど前に、新宿伊勢丹に初めてTODSがOpenしたときのこと。





3日間で400足以上の靴が売れたとか(笑)





なんの参考にもなりません。







d0165136_15365297.jpg


“TODS”SilkScarf ¥40,000→¥34,000


頭文字が全て“T”のものみが描かれたオシャレすぎる逸品。


かなり大判なので割と自在に巻くことができるはず。


ざくっと巻くも、ストール留めのリングやブローチで留めるのもオススメ。


シルクなのでオールシーズン様々なシーンにフィット。

d0165136_15365414.jpg







d0165136_15365683.jpg


“TODS”SilkScarf ¥40,000→¥34,000


こちらは代名詞モカシンを船に見立て、マリンスポーツを楽しむ様子がデザインなったユニークないちまい。


巻き方、コーデ次第でどちらもドレッシーにもリゾートにもカジュアルにも・・・本当に色々なstyleが楽しめます。


d0165136_15365836.jpg










本日も当店には秋の訪れを感じさせる秋物アイテムも若干入荷してまいりました。




オシャレの季節です。




いつも言っています(笑)




近日そちらもアップしますね♫





一部リニューアルの完了した当店HPはご覧いただけましたでしょうか?




HP上で“Fenomeno”が大変お求め安くなっております。





まずはご覧いただくだけでも!!





合わせて宜しくお願い致します。





Anello HP クリック!!

[PR]
by anello2010 | 2012-08-30 18:32 | Comments(0)

Fenomeno購入方法

先日よりお伝えしていました当店HP一部リニューアルの件。





先週完了し、当店HP上で2012ssFenomenoの全collectionが見られるとともに、HP上で、Fenomenoがお求めやすくなりました。





さっそく遠方各地のお客様より、ご購入のmailをいただくことができ、本当に嬉しいばかりです。





カートではなく、メールにて注文を承るため、お客様よりどうやって買うの?といったお問い合わせが重なりましたので、簡単ですが説明させていただきたいなと。





まずAnelloのTOPページ。



フラッシュ画像下部のメニュー一覧に“Fenomeno”という項目ができているのでクリック。画像が小さくすみません。



d0165136_160296.jpg





するとブランドロゴ・ブランドコンセプトの画面に。Enterをクリック。




d0165136_16131838.jpg





ズラリ。Fenomeno2012s/scollectionページへ。


d0165136_16142843.jpg


d0165136_1614357.jpg





気になる商品をクリック。



d0165136_16261268.jpg





並べられた画像にマウスを合わせるとディテール画像も。



d0165136_16284227.jpg





あとは迷わずBUYをクリック!!BUYをおしたからといってすぐ買わさるわけではございませんのでご安心を(笑)



BUYをクリックすると下のような画面になるので、右上の枠内の項目をコピーしていただいて再度BUYをクリック。



d0165136_1632265.jpg





mail画面になれば先程の項目を貼り付け、必要事項を入力の上送信してください。





1日~2日で確認mailの返信・ご連絡をさせていただきます。





下のような画面になってしまう方はOutlookが設定されてない方なので、お手数ですがスタートアップ設定後再度mail送信をお願い致します。



d0165136_1645528.jpg






さぁ夏も終盤に入ってはきましたが、まだまだ残暑厳しい札幌。




夏の伸びしろ、まだあります。




魂込めて作った“Fenemeno” どうぞ、宜しくお願い致します。
[PR]
by anello2010 | 2012-08-25 16:53 | Comments(0)

Borderless select 再開!!

本日久しぶりに-Boderless-から入荷です。





シンプルなコンセプトながら昨年よりAnelloのもうひとつの楽しみ方を演出している-Boderless serect-





最近のAnelloは走り出した“Fenomeno”一色でしたが。





先週より通常の入荷も再開。店頭にボリュームも出てまいりました。





そして先日お伝えしたHPリニューアルの件、もうしばしお待ちを。本当にもう間もなく完成致しますので・・・。





Fenomenoの全collectionを見やすくわかりやすくご覧いただける様、試行錯誤しながら進めております。






実はFenomeno-jewelryも7型ほどあがってまして、うち3型は入荷日に完売。





本日再入荷です。





さて話はBoderlessに戻りまして・・・、最大のコンセプトはもちろん“先入観と垣根のない、本質を見定めたセレクトを” というもの。





そして次にこだわっているのがプライス。





今回もかなりのビックリプライスを用意しておりますのでお楽しみに。






では早速・・・。





d0165136_17282936.jpg


“Boderless” Shirts  ¥6,900

ずっと探していた無地のカラーシャツ。

綿100%でハリのある生地はシワになっても気にならず独特の風合いが楽しめるスグレモノ。

また製品染めなので洗うごと、着ていくごとに色落ちの変化にも注目。


d0165136_17283122.jpg




d0165136_1728337.jpg


“Boderless” Shirts  ¥6,900


嬉しいカラーバリエ。こちらはグリーン。


d0165136_17283549.jpg


ロールアップ仕様にも。


d0165136_17283719.jpg


“Boderless” Shirts  ¥6,900

オレンジ。なかなかない色なので展示会でも即check。

今時期はカラーパンツやショートパンツ、色合いも薄めのものが◎ これからの時期は少しタイトな黒パンなんかもコントラストが秀逸。


d0165136_17283859.jpg





d0165136_17284127.jpg


“Boderless” Western Shirts  ¥7,900

絶妙なエイジングとタイトシルエットの七分丈が相まって大人っぽい雰囲気に。

インナーに“Fenomeno”を合わせるとグっと洒落ます(笑)

d0165136_17284261.jpg



d0165136_17284446.jpg


“Boderless” Western Shirts  ¥7,900

こちらはさらに大人っぽい深めのカラー。

d0165136_17284769.jpg






そしてこれからの時期に必ずと言っていいほど需要が高まるカーディガン。


d0165136_17284840.jpg


“Boderless” cardigan  ¥6,900

本当にシンプルな、大人の“抜け感”を演出してくれるようなカーデ。 カラーパンツにFenomenoのborderTeeなんてさらっとポイント作りをしたスタイルもオススメ。

後日stylephotoアップします。



d0165136_17285546.jpg


“Boderless” cardigan  ¥6,900

一見、かなりポップな要素が前面に出ているような印象ですが、着用すると雰囲気も変わるもので。

ポップなカラーリングの反面、ピタッと体にフィットするタイトシルエットは絶妙なバランスで“あえて感”を演出。

d0165136_17285713.jpg


d0165136_17285782.jpg


あえてこんなテープ使いも◎です。



d0165136_1729120.jpg


“Boderless” cardigan  ¥6,900

d0165136_1729284.jpg


はい。




ひとまずはここまで。




プライスも気合入ってます!(笑)




明日はジャケット・シャツが入荷。




Anelloらしいstyleアップしますね♫
[PR]
by anello2010 | 2012-08-15 19:09 | Comments(0)

久々にストール入荷です。

まず、親友がオーナーを務めるショップの一つ。





“Oldman's Stock”

セレクトショップとしての観点と、味わい深い古着やVINTAGEの観点を融合させた商品構成が魅力の同SHOP。


20代の方から、年配の方まで十分に楽しめる幅広い商品構成はさすが。古着畑の彼らしいこだわりのSHOP。


本日ピヴォ6Fに移転・リニューアルOPEN。




d0165136_1845560.jpg




d0165136_18451319.jpg




何店舗もSHOPを経営し、おそらく開店も閉店も慣れている彼も結局は徹夜で作業。



そんなもんです。おめでとう。



『AnelloのBlog見た』で、当店アイテムとの絶妙なコーデstyle提案つき(笑)



ぜひ皆様足を運んでいただきたい札幌のSHOPの一つです。




宜しくお願い致します。







さてようやく当店も先週よりインポートセレクトの通常入荷が再開。





盛夏アイテムはもちろん、秋物もほんの少し入荷しております。





そして“Fenomeno”(フェノメノ)。





情報通な方々から、遠方からのお問い合わせが意外と多く、遠くにお住まいのお客様にもお買い求めいただけるよう、只今Anello HPリニューアル中。




先日もお伝えしたとおり、予定通り8月上旬には完成。




もうあと2~3日かと。




ご期待下さい♫






今回は久々に入荷したストールを一部ご紹介。




かなりの勢いで売れているのでぜひお早めに。





まずは定番GUCCIのストールから。





d0165136_18334349.jpg


“GUCCI” stole ¥29,900


OnOffどちらのシーンにもお使いいただける適度に高級感漂うストールに。

シャツやカットソーにラフに巻くも、ジャケットのVゾーンに品良く見せるもできる万能ストール。


d0165136_18334697.jpg


お色違い。








d0165136_18334924.jpg


“GUCCI” stole ¥29,900


こちらはかなり大判なストールに定番のウエビングライン。そしてGの文字もさりげなく。



ちなみにウェビングラインとは・・・



d0165136_18335122.jpg




もちろんこのラインのことで。




元は馬の腹帯(馬の鞍がズレないようにするための帯)がヒントとなっているそうです。



GUCCIは長年にわたり、馬術のもつスポーツとしての魅力に深いかかわりを持ち、インスピレーションを得たブランドでもあり、さまざまなシンボルが乗馬から着想され、GUCCIのデザインに欠かせないシグネチャー的なアイコンに。



このライン。紺×赤の配色もありますが、緑×赤の配色が最もポピュラー。



1950年代に大ヒットし、その後は姿を消しましたが、1998年にTOMFORDが復活させ、GUCCIのシンボルとして定着。



さすがTOM氏。







そして今年からselectを開始した“malo”(マーロ)


馴染みの無い方もいらっしゃると思うので簡単にブランドの説明を。


-malo-

maloは今から40年ほど前にフィレンツェの郊外にて創業。イタリア製カシミアのニットが有名で、最高クラスの毛を使用した、密度の高いニット技術が特徴。

ニットで有名なスコットランドやブリティッシュニットとの違いは、とにかくソフトな肌触りと、鮮やかな色合い。

maloのニットは、厚みがあり柔さに定評のあるモンゴル高原の山羊を使用。さらに、maloのカシミアは一頭のカシミア羊から取れるカシミアのうちでも上質な部分を使用。カシミアに関する技術開発も積極的に行われ、保守性の優れた伸縮に強い、柔らかいニットが生産されるブランド。






もちろん、ニットだけではなくトータルで展開しているこだわり満載のブランドです。


d0165136_18334087.jpg


“malo” stole ¥29,000→¥21,000

色とりどりに丁寧に編み込まれたストールはつけ心地も存在感も別格。

さらに先ほども記したように、一頭のカシミア羊から取れるカシミアのうちでも上質な部分を使用するため、摩耗にも強く、表面毛羽立ちやピリング(毛玉)も起こりにくい、風合いのよいカシミヤアイテムに。



d0165136_18333691.jpg


“malo” stole ¥29,000→¥21,000



d0165136_18333343.jpg


“malo” stole ¥29,000→¥21,000





d0165136_18334211.jpg


“malo” stole ¥29,000→¥21,000


こちらのみリネン×コットンの小振りなストール。

ショートパンツに合わせたりジャケットのVゾーンにもまとまりがよく最適。適度なリゾート感が大人な雰囲気に。




ぜひお早めに。





8月もおまちしておりま~す!!!
[PR]
by anello2010 | 2012-08-10 19:57 | Comments(0)

ヨーロッパのハイブランドを中心にドメスティック、クリエイターアイテムまで、型にとらわれない幅広いラインナップが魅力のセレクトショップ“Anello”(アネッロ) HP↓↓↓http://www.anello-web.com/


by anello2010
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite